1. ホーム
  2. よくあるご質問

よくあるご質問

アパート経営をはじめ、お客様からいただくよくあるご質問にお答えします。

土地活用の悩み

アパート賃貸経営について

  • アパート賃貸経営のメリットは何でしょうか?
  • アパート賃貸経営のメリットは大きく分けて3つあります。その①は長期に渡り安定した収入が確保できるため私的年金となります。その②は賃貸建物の敷地が貸家建付地として評価されるため、更地よりも評価額が低くなり相続税の節税効果があります。その③は賃貸建物の敷地が住宅用地又は小規模住宅用地で評価されるため、宅地としての固定資産税・都市計画税が軽減されます。

  • レオパレス21のアパート賃貸経営は他と比べてどこが良いのでしょうか?
  • レオパレス21がご提供するアパート賃貸経営は、アパートの建築だけでなく、入居者募集・獲得から入居者様と建物の管理まで、アパート賃貸経営の運営を『自社一貫体制』で行っているため、何か問題が生じた場合でも、入居者様、オーナー様への迅速な対応を可能にしています。

  • レオパレス21の30年一括借上げシステムとはどういうシステムなのでしょうか?
  • 最長30年間に渡り、土地オーナー様に建てていただいたアパートをレオパレス21が丸ごと借上げ、オーナー様の手を煩わせることなく、入居者募集・獲得から、入居者・建物の管理・運営までアパート賃貸経営を完全サポートし、空室の有無に関わらず毎月お約束した一括借上げ賃料をお支払いするシステムです。 レオパレス21の30年一括借上げシステム

高齢者施設について

  • 高齢者施設の需要ってそんなにあるんですか?
  • 人口が減少する一方で高齢者人口は増え続けており、2011年には2958万人に達しました。これに伴い介護事業の市場は年々拡大し、2040年には現在の約2倍の市場になると考えられます。また、国政においても、介護事業は成長牽引産業の一つとして位置付けられており、重要な事業となっています。

  • 高齢者施設といってもどのような施設による活用があるんですか?
  • レオパレス21では、100室を超える大型の有料老人ホームから、2・3階の低層型の有料老人ホームやグループホーム、日中の滞在や短期の宿泊に対応するデイサービス/ショートステイ施設の活用を 土地の規模や地域のニーズにあわせてご提案しています。

  • 施設の利用者・入所者の確保など、運営はどのように行うのですか?
  • 高齢者施設の運営には専門のノウハウが必要です。レオパレス21では、独自のネットワークを活かして、土地オーナー様と施設を運営する介護事業者様とを結ぶマッチング事業による活用ご提案を行っています。

店舗・商業施設について

  • どのような立地が店舗・商業施設の活用に向いているのですか?
  • レオパレス21では、都市郊外の主要幹線道路などに面した土地や、駅から遠い立地をご所有のお客様に、ロードサイド店舗や倉庫による活用をお勧めします。また、入居者需要も見込めるエリアの場合には、収益性の高い事業用店舗と、長期の安定した収益が見込める賃貸住宅を組み合わせた複合建物によるご提案も行っています。

  • 店舗・商業施設による活用、運営はどのように行うのですか?
  • 店舗・商業施設の運営には専門のノウハウが必要です。レオパレス21では、独自のネットワークを活かして、土地オーナー様と施設を運営するテナント事業者様とを結ぶマッチング事業による活用のご提案を行っています。

  • 店舗・商業施設のマッチング事業とはどのようなものなのでしょうか?
  • 店舗・商業施設を運営するテナント事業者は数多く存在します。レオパレス21では、寮や社宅としてレオパレスをご利用いただく法人企業様との間で培った膨大なネットワークを活かし、土地をご所有のお客様と、施設の運営を安心して任すことができるテナント事業者様とを結ぶ体制が整っています。お客様とテナント事業者様、双方が探し求めていた活用法を実現する、これが店舗・商業施設におけるマッチング事業です。

ご自宅の悩み

賃貸併用住宅/戸建注文住宅について

  • 賃貸併用住宅どのようなものなのでしょうか?
  • 賃貸併用住宅とは自宅の一部に、賃貸住宅を併せた住まいです。併設した賃貸住宅により家賃収入を得ることで、住宅ローンの返済に充てることができるため、通常の住宅と比較して少ない費用でマイホームを建てることが可能になります。さらに、ローン返済後には安定した収入源として見込めるため、老後の暮らしに余裕を持つことができます。

  • レオパレス21では、戸建注文住宅も行っているんですか?
  • レオパレス21では戸建注文住宅の建築も請負っております。木造住宅では最高レベルの強度を誇る「SE構法」を推奨しており、従来の木造住宅では実現できなかった大空間を造り出すことを可能にしています。更に、自然の力を活かした「創エネ」、無駄なく適切に使用する「効エネ」、いざと言うときの「蓄エネ」、3つのエネで環境に配慮し、オール電化やセキュリティシステムなど経済性や安全性の設備も備える環境配慮型住宅スマートハウスもございます。

空家について

  • 空家対策特別措置法とはどのようなものなのでしょうか?
  • 2015年5月26日、空家等対策の推進に関する特別措置法(空家対策特別措置法)が前面施行されました。問題のある空家「特定空家等」として勧告をうけると、固定資産税の優遇措置がストップされます。また、事前に行う立ち入り調査を拒んだ場合20万円以下、命令に反した場合50万円以下の過料が科せられるほか、所有者は行政代執行の費用も請求されることになります。心当たりのあるお客様には、早めの対策をお勧めしております。

  • レオパレス21の空家管理とはどのようなものなのでしょうか?
  • 長期不在となる戸建やマンションの空家の管理も、全国56万戸を超える賃貸住宅の管理実績とノウハウを持つレオパレス21なら、適正な管理(月1回巡回サービス※追加サービスもございます)で大切な資産を維持いたします。

ライフプランの悩み

  • 年金問題に、老後の不安。ライフプランをどう組み立てればよいでしょうか?
  • 老後の収入源といえば、公的年金です。ますます進む高齢化で、支給額の水準はより低くなると予想されます。いくら貰えるかは「ねんきん定期便」などで把握されている方も多いと思いますが、大切なのは“いくら足りないか”。[年金]-[支出]=[毎月の赤字額]を大まかに試算することで、老後のために必要な預金額の目安を立てることができます。

  • 相続税の課税対象範囲が拡がったと聞きますが?
  • 税制改正により、2015年1月から課税対象範囲が拡がって、これまで相続税に縁がないと思っていた人にも関係してくる可能性が高くなりました。相続対策には、大きく分けて「遺産分割対策」と「相続税対策」があります。先ずは、制度をきちんと理解することが大切となります。

  • 資産運用のセカンドオピニオンとはどのようなものなのでしょうか?
  • 「セカンドオピニオン」=「第2の意見」は、医療の現場では既に常識となっています。資産運用においても医療業界同様、果たして現状の運用方法や提案について自己の判断が正しいのか、数ある選択肢の中から、より良い答えを導き出すために、新たな専門家による助言『資産運用のセカンドオピニオン』という考え方が重要性を高めています。

会社経営事業の悩み

  • 企業で保有する遊休不動産資産の有効活用ができないか?
  • 企業経営を取り巻く様々な環境の変化から、CRE(企業不動産)戦略の重要性は、ますます高まっています。レオパレス21では、収益が低下している事業・店舗の事業転換及び、新たな活用をご検討の経営者様に、ご所有不動産の状況にあわせて、資産価値をより高める活用をご提案いたします。

  • 固定費の圧縮や自社寮(不動産)の売却、福利厚生の見直しができないか?
  • 企業経営において、「固定費の圧縮」「自社寮(不動産)の売却」「福利厚生の見直し」等、ご検討されているかと思われます。レオパレス21では、『コストダウン』と『効率化』をご提案し、「B/S(賃借対照表)」と「P/L(損益計算書)」のスリム化を実現いたします。

  • 社員のために福利厚生の充実ができないか?
  • 福利厚生は、企業の成長戦略のマネジメントにおいて重要となっています。福利厚生の充実は、社員のモチベーション向上による生産性アップに大きく貢献します。レオパレス21では、企業様と社員の皆様にご満足いただける「福利厚生プラン」をご提案いたします。