レオパレス21のミライ資産 Leo-PRESS(レオプレス)
  1. ホーム
  2. Leo-PRESS(レオプレス)
  3. 副業にアパート経営!複数所有するメリットとは?節税効果や注意点を解説

副業にアパート経営!複数所有するメリットとは?節税効果や注意点を解説

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
副業にアパート経営!複数所有するメリットとは?節税効果や注意点を解説

昨今、本業の他に仕事を持つ「副業」を行う人が増えています。本業以外の収入源を持つことで、老後への蓄えや、何かあった時の金銭的な心配が減るかもしれません。

数ある副業の中でも忙しい人におすすめなのがアパート経営による不動産投資です。中でも、1つの物件だけではなく2つ以上保有する複数所有が注目されています。

本記事では、アパート経営による不動産投資で複数所有することのメリット・デメリットについてご紹介します。

副業にアパート経営がおすすめな理由?

はじめにアパート経営による不動産投資がなぜおすすめなのかをお話しします。

一番のメリットは安定した収入を得られる点です。アパート・マンションは一度入居すると、年単位で住むことがほとんどで、家賃収入が安定的に入ってきます。

同じ投資ならば株式投資やFX投資の方が手軽で効果的なようにみえますが、日々値動きを追っていく必要があるうえ、大幅に損をするリスクと隣り合わせです。

一方のアパート経営では家賃の価格は大幅に変わることがないため収入が安定します。「年金だけでは不安」という人にとって、定年退職したあとの貴重な収入源となるはずです。

保険の代わりになるという点でもアパート経営はおすすめです。

物件を購入する際にはローンを利用することが多いのですが、その時に必ず付帯する「団体信用生命保険」というものがあります。これはローンの契約者に万が一のことが起こった時、ローンの残債を肩代わりしてもらえる保険です。

この保険を死亡保険の代わりとして利用できるもので、自分にもしもの事が起こっても、残債を払い終えた物件が残り、家族に財産として残しておくことができます。

はじめてのアパート賃貸経営

アパートを複数所有することのメリット

必ずしもひとつだけで運用する必要はありません。ふたつ、みっつと複数所有することで得られるメリットがあります。

収入が増える

物件を複数持てば、それだけ家賃収入が増えます。物件を購入する際の初期投資費用はかかりますが、その分だけ安定した収入が多く得られます。

リスク分散になる

ひとつの物件だけ保有していた場合、空室ができた際に減ってしまう収入の割合が大きくなります。しかし複数の物件を所有していれば、1室あたりの収入減の割合が減り、全体の収入に与える影響も小さくなります。

また、空室リスクだけでなく、災害時のリスク分散にも役立ちます。地震・洪水などの災害で人が住めなくなってしまっても、他の地域に別の物件を持っていれば、収入がゼロになることはなくなります。

売却益も狙える

土地の値段が上がることで、物件を売却したときに利益が得られる場合があります。物件をひとつしか持ってない場合、売却してしまったら利益はあるものの、それ以降の安定的な家賃収入はなくなります。

複数の物件を所持していれば、そのうちのひとつを売却しても別の物件から家賃が入ってくるため、利益を得ながら安定的な収入を残すことができます。

上記のように、複数の物件を所有する場合はいくつものメリットがあります。これらに加えて、複数の物件を持つことで税金の面にもメリットがあります。