お金と家と人生と。ミライ資産 Leo-PRESS(レオプレス)
  1. ホーム
  2. Leo-PRESS(レオプレス)
  3. あこがれの世界一周クルーズ!! どうしたら乗れるの?

あこがれの世界一周クルーズ!! どうしたら乗れるの?

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア

海外から寄港する豪華客船の様子を見て、セカンドライフにはゆっくり世界一周クルーズを楽しみたいと、あこがれを抱いている方も少なくないでしょう。

とはいえ、どうやって参加したら良いのか、どれくらい費用がかかるのかなど、一般的に知られていないことが多いのも事実です。

そこで今回は、豪華客船でいく世界一周ツアーについて、気になる費用や参加方法などについてまとめてみました。

豪華客船クルーズへの関心が高まる

豪華客船クルーズへの人気や関心は高まっており、利用者は今後ますます増えてくるものと予想されます。

例えば、日本人にも人気なイギリス船籍の豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」。長崎で建造された日本生まれの豪華客船で、外国船でありながら日本人向けにカスタマイズされたサービスが充実していると話題です。

2018年からは、通年運航を行うことが既に決定しています。クルーズの本数も増える上、発着港も横浜、神戸に加えて大阪が設定されることになっています。

他にも、日本の豪華客船「飛鳥Ⅱ」が2018年の世界一周クルーズを発表したり、「クイーン・エリザベス」の2019年横浜発着クルーズが、売り出し初日に1,000名以上の予約となっています。

行きたいと思ってすぐに行ける旅行でもありませんので、早いうちから少しずつ情報を集め、徐々に計画を立てていくことが大切になりそうです。

豪華客船ツアーの魅力とは

人気が高まっている豪華客船ツアー。豪華客船の魅力は、どんなところにあるのでしょうか。

豪華客船に乗船した人のほとんどは、船内の雰囲気と備え付けられている施設・サービスに驚かれます。

船内にはプールやジェットバス、映画館やダンスホール、カジノやフィットネス、カフェテリア・バーラウンジ・ナイトクラブ等々、数多くの施設がそろっています。一日では船内すべての施設を回りきれないほどで、これなら100日を超える旅路でも退屈している暇はなさそうです。

初乗船者や一人参加者でもクルーズ中に友人を作れるような乗船客同士の交流イベントや様々なエンターテイメントショーを楽しむこともできるプログラムも魅力のひとつ。

ショーや生演奏は日替わりで、毎日届けられる船内新聞でその日の予定をチェックします。ブロードウェイスタイルのミュージカルや、日本に来日して話題になったあの「ブルーマンのショー」が開催される船もあるほど、内容は本格的です。

クルーズ客船の航行は夜間に行われるのが一般的。寝ている間に目的地に移動し、朝から日中にかけては寄港先での観光が待っているため、船上プログラムと観光で退屈している間もなさそうです。

豪華客船クルーズの体験談

● Aさん(43歳) 一人旅にて...

"船にあるスパには何度も足を運んでしまいました。マッサージを受けたり、ジャグジーに入りながら海を見たり......。時計の針なんて見ないで、ただただ気の向くままに一日を過ごせる贅沢は、他のどんな瞬間よりも贅沢に感じられました。

ディターの後、昨日は船内ショーを楽しんだから、今日はカジノで遊ぼうか。そんなことを考えていたら、あっという間に一日が過ぎていきました。"

● Bさん(62歳) 夫婦二人で...

"クルーズ旅行中、私たち夫婦の日課は、早朝の「日の出」と夕方の「日の入り」を船窓から眺めることでした。「大海原の彼方、水平線がゆっくりと明るくなり始める瞬間」から「真っ赤な太陽が沈み始め、徐々に消え行く橙色の空を見届ける瞬間」まで、夫婦で欠かさず見ていました。

日毎移り変わる景色の中で、どの一日を切り取ってみても決して同じ表情にはならない。旅行を終えた今でも、あの時の日の入りは素晴らしかったねと思い出話に花が咲くのです。"

● Cさん(70歳) 夫婦二人で...

"朝目覚めてデッキに出るとクルーズ船はすでに波止場に着岸していました。

ロサンゼルスに降り立った私たちは、ベニスビーチ、サンタモニカを散策。船内で予め聞いていたオススメのシーフードレストランを堪能したあとは、ハリウッドスターの豪邸群巡り。HOLLY WOODの名物看板やマリリンモンローの墓地、エルビスプレスリーの家などなど、映画ファンである私たちには堪らない一日となりました。

次の目的地はメキシコの「カボ・サン・ルーカス」。次に目を覚ましたら、どんな一日が待っているのだろう。今までの日常では考えられないほどの高揚感で、毎日胸を踊らされていました。"

世界一周ツアーの費用相場っていくらくらい?

豪華客船による世界一周ツアーですが、どれくらい費用になるかご存知でしょうか。

世界一周ツアーと一口に言っても、旅行期間やコース(寄港先)、部屋のタイプや人数によってその金額には違いがあります。

世界一周プランの平均日数はだいたい90日〜120日ほど。その場合の料金は、一番リーズナブルなプランでも一人300万円から400万円はかかります。豪華なセレブなプランだと一人2,000万円以上かかるようなプランもあります。

たとえば先ほどご紹介した豪華客船「飛鳥Ⅱ」の2018年世界一周クルーズの場合、一番安価な客室を最大割引して330万円。一番高い客室「ロイヤルスイート」が割引無しで2,600万円となります。(※二名一室での利用における一人あたりの料金です)

旅費以外に考慮するべき費用

旅行プランの料金には、食事代、移動費、宿泊費、船内で上演するショーやイベントへの参加費などが含まれていることが一般的です。

しかし、旅行当日までに必要な準備に掛かる費用や、基本料金に含まれていない費用なども考慮しておく必要があります。

●当日までに必要な準備に掛かる費用

旅行プランの中には、たとえば「パスポートの取得・更新」「ビザ代」「海外旅行保険」などの費用は含まれていません。これらは自身で準備する必要があり、それぞれ費用が掛かります。

●基本料金に含まれていない費用

また、「バーでの飲食」「船内での買い物」「エステ・美容院」「寄港地での観光・オプショナルツアー」などは一般的に基本料金には含まれておらず、別途費用が掛かると考えなければいけません。

世界一周クルーズを申込むには?

憧れの世界一周クルーズ旅行ですが、旅行期間が100日を超える大規模な旅行プランになりますので、いつでも募集しているわけではありません。

ツアー紹介や申込みは大手旅行代理店などで行われますので、定期的にチェックしておくと良いかもしれません。

また、いきなり世界一周クルーズを申し込むのが不安な方は、まず手始めに小規模でお手軽な豪華客船ツアーに参加してみるのも良いかもしれません。

世界一周クルーズは人生の醍醐味になる

豪華客船による世界一周クルーズは、「人生で一度は経験してみたいもの」として取り上げるには十分すぎるほどの内容です。

確かに、一朝一夕では実現できないかもしれません。お金も掛かります。しかし、あこがれは強くなるほど喜びも大きくなるもの。

例えば老後の夫婦二人、今までの「お疲れ様」を言い合える旅としては最適なプランかもしれません。

いつか実現するための具体的な目標として、今後のライフプランに組み込んでみてはいかがでしょうか。