レオパレス21のミライ資産 Leo-PRESS(レオプレス)
  1. ホーム
  2. Leo-PRESS(レオプレス)
  3. 注文住宅で戸建住宅を建てるメリットとは?規格住宅との違いを徹底解説

注文住宅で戸建住宅を建てるメリットとは?規格住宅との違いを徹底解説

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア

戸建住宅を購入するにあたって最初の選択肢となるのが「規格住宅にするか、注文住宅にするか」ではないでしょうか。

今回は初めて戸建住宅の購入を考えている方のために、注文住宅にフォーカスを当てて、メリットや気をつけておきたい点をご紹介します。

注文住宅と規格住宅の違い

規格住宅とは、間取りや設備、デザイン、構造、工法などがあらかじめ決められた住宅のこと。ハウスメーカーや工務店が予め用意しているプランの中から気に入ったものを選びます。

注文住宅は、施工主が自分の希望に沿って自由に意見を取り入れられる住宅です。間取りや設備、デザインや外観、建材、構造、工法にいたるまでを自由に選ぶことが可能で、「自由設計」とも呼ばれます。

規格住宅を量販店に並んでいる既成品のスーツとするなら、注文住宅はオーダーメイドスーツのようなものです。

ハウスメーカーと工務店の違いとは?

一般的に戸建ては、「ハウスメーカー」や「工務店」に依頼をします。「ハウスメーカー」と「工務店」を分ける明確な定義はありませんが、一般的には以下のような違いがあるとされています。

ハウスメーカーは全国に拠点を持っているような大手企業で、テレビCMなどにも力を入れており、ネームバリューと安心感があります。

また、社内で商品プランや設備に品質基準を定めていることが多く、素材の質や施工技術などのばらつきが少なめです。その分制約があると感じられることもあるようです。

工務店は比較的小規模、地域密着型で運営している会社を指します。ハウスメーカーと比較すると自由度が高い傾向にあります。技術力も職人の腕に左右されることが多いです。


一般的なハウスメーカー

一般的な工務店

事業規模

全国に拠点を持っている大手企業。

比較的小規模な地域密着型。

業務体系

社内で品質基準を設け、家づくりを規格化。

ある程度の決まりはあるものの、制約が少なく自由度が高め。

価格

平均的に高め。

平均的に安め。

品質・技術力

実際に施工を行うのは地元の工務店であるが、メーカーから技術・材料・部品が支給されるため安定的。

工務店が独自に材料・部品を調達するため、工務店による差異がある。着工件数がコンスタントに多い会社や営業年数が長い会社は信頼性高。口コミも重要。

工期

自社工場である程度できあがった建築部品を利用するため短い。

施工主の希望に合わせてプランを作成するので、ハウスメーカーに比べると長い。

判断基準として、「安心感を求めるのであればハウスメーカー」「自由度を求めるなら工務店」と考えると良いかもしれません。

注文住宅のメリットと気をつけておきたいポイント

注文住宅のメリット

1.自分だけの"こだわり"を実現できる

規格住宅はあらかじめ間取りや設備、デザインが決まっており、市場として受け入れられやすい無難な商品を用意している傾向があります。

それに比べ注文住宅は「趣味に興じられる特別な部屋を作りたい」「外観を和モダンな感じで」「夫婦二人でも立てる大きなキッチンを」など、自分のこだわりを表現でき、言葉通り「世界でただ一つの家」を作ることができます。

家族の増減、ライフスタイルの変化など、将来を見据えた家の設計がしやすいのも特徴です。

たとえば小さい子どもが2人いる場合「最初は同部屋で暮らすための大きな空間を作って、大きくなったら垂れ壁やパーティションを設置して部屋を仕切ろう」といった工夫も可能です。

また、ご自身が歳をとったときのことを考えて、「段差が少ない」「手すりをつける」といったバリアフリー仕様の家を建てることもできます。

2.建築の途中経過をチェックできる

注文住宅は一から設計・施工を行うため、工事中に家の構造や耐震設備などをチェックすることができます。規格住宅、特に土地と建物をセットで購入する建売の場合は、すでに建てられた家を購入する場合が多いため、建物の中身や過程を確認することができません。

3.予算を調整することが可能

注文住宅の場合、予算を自由に調整できます。たとえば、リビングにお金をかけてその分寝室にかける予算を削るというように、不要な部分を削って必要な部分に充てることが可能です。

4.狭い土地や変形地を活かした家づくり

規格住宅は狭い土地や変形地に対応できないことが多いです。しかし、注文住宅はこうした土地にも家が建てられます。たとえば、三階建てにしたり、地下を設けたりすることで、広い空間を確保できます。吹き抜けで開放感を演出し、狭さを感じさせない空間づくりも可能です。

5.家族との絆が深まる

注文住宅を建てるにあたって重要なのが家族会議です。「どんな家にしたいか」「子どもは何人欲しいか」「どうやって子育てをしていくか」「どんな趣味を楽しみたいか」「老後の生活はどうするか」......。

このように将来を語り合う時間が楽しく、家族同士の理解も深まります。間接的なメリットですが、家づくりを通じて家族の絆が深める良い機会となるでしょう。