Risk5 [建物リスク]
竣工直後から始まる建物の経年劣化。 放っておけば、築年数とともに競争力は低下します。

意外と大きな修繕費用。収支計画にも影響をおよぼします。

どんな建物も経年劣化を避けて通ることはできません。しかし賃貸住宅の場合、老朽化を放置すると市場競争力が低下して、空室や賃料下落の要因となってしまいます。
そこで大切なのが、計画的なメンテナンスです。小修繕はその都度対応することになりますが、屋上防水や外壁の塗り替え工事などは大きな出費を伴います。のちのち修繕が発生することを考えておかないと、思わぬ出費で収支計画が狂ってしまうことになりかねません。
経営の安定のためには、将来を見越した修繕計画と資金的な備えが必要です。建築会社や管理会社選びにあたっては、長期修繕計画や大規模修繕工事についての対応力もチェックが大切です。

▪️30年間で必要な修繕箇所と修繕時期の目安
30年間で必要な修繕箇所と修繕時期の目安
▪️想定されるメンテナンス費の推移
想定されるメンテナンス費の推移

周期的に必ず発生する建物の修理や修繕。
安定経営のためには、メンテナンス費用への備えが大切です。

壁の薄さや天井の構造は、入居率に直結する問題です。

アパートの壁は薄い。残念ながら、古い木造アパートではそんな声を耳にすることが少なくありませんでした。深夜に隣のテレビの音が聞こえたり、2階の足音が響くなど、騒音問題は入居者どうしのトラブルの原因になってしまいます。
賃貸住宅を建てる際には躯体の構造だけでなく、住戸と住戸を隔てる界壁や天井の構造も確認しておく必要があります。また意外と盲点なのが、排水管です。排水音を階下に響かせない仕様になっているかどうかも、チェックポイントのひとつです。
音が響きやすいアパートは、入居者確保もままなりません。建ててからは見えない部分だからこそ、事前にチェックしておきたいものです。

▪️入居者間の行為・マナーをめぐるトラブル(重複回答)
入居者間の行為・マナーをめぐるトラブル(重複回答)

入居者間のトラブルで多いのが、生活音の問題。
賃貸住宅を建てるなら、遮音等級は欠かせないポイントです。

レオパレス21では・・・

レオパレス21の賃貸住宅は業界トップクラスの遮音性です。また、建物の修理・修繕に備え、費用を平準化する「建物メンテナンス制度」で70項目以上の業務を行います。

アパート賃貸経営を成功に導く、レオパレス21の4つの概念

レオパレス21がご提供するアパート賃貸経営は、賃貸住宅業界のパイオニアとして常に進化・発展を続けてきた、他社にはない独⾃のビジネスモデル【⼟地⼒】【商品⼒】【賃貸⼒】【管理⼒】の4つの概念で、⻑期にわたって安⼼のアパート賃貸経営を実現します。

事業性の土地力

確実に安定した経営が行えると判断した土地オーナー様にだけご提案しています。

優れた商品力

オーナー様に所有する誇りを、入居者様に住まう感動を届ける賃貸住宅ブランドを展開しています。

卓越した賃貸力

他社にはない「多彩なサービス」と「独自の集客」により安定した高い入居率を実現しています。

万全の管理力

管理、運営業務の全てをオーナー様に代わって実行し、高いレベルで資産価値を維持します。

ClassL ライフステージサポート