構造性能
鉄骨造

レオパレス21では、それぞれの商品に合わせて3つの構造タイプから採用。先進の技術と施工品質により、いずれも高い構造性能を実現しています。3階建・4階建は、鉄骨ブレースパネル工法を採用しています。粘り強い鋼材が、優れた耐震性を発揮。耐久性にも優れています。

LSP

構造性能

強度・剛性に優れた独自のLSP工法です

LSP(Leopalace Steel Panel)工法とは、当社が独自に開発した鉄骨ブレースパネル工法です。ブレース(筋交い)を一体化した鉄骨パネルを使用しているため、地震や台風で加えられるエネルギーを分散。建物の変形やねじれを防止します。レオパレス21の高い構造技術は、東日本大震災で1棟も倒壊しなかった事でも証明されています。

構造バランスに優れたパネル構成

LSP工法では、各住戸の構造強度を高めるようにパネル配置を行っています。加えて同じ形状の住戸が並んでいるため、構造が安定。また接合部には、通常の約2倍の強度をもつボルトを使用しています。

■ブレースパネル構成

ブレースパネル構成のイメージ

■ブレースパネル

ブレースパネル

■ブレースパネルの強度

筋交い(ブレース)構造は揺れが少なく大切な資産を守る

地震の揺れを吸収する制震ゴムダンパー

鉄骨パネルで構成する躯体には、制震ゴムダンパー※をバランスよく配置しています。特殊粘弾性ゴムが伸び縮みすることで、地震エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収。震度6強の場合、建物の水平変位を最大で60%程度減少させることが可能です。制震ゴムダンパーの採用により、耐震性能は住宅性能表示制度における耐震等級3(最高等級)相当を実現しています。

※オプション仕様

■制震ゴムダンパーの仕組み

揺れに応じてダンパーが伸び縮みして地震エネルギーを熱に変換して吸収

基礎はダブル配筋の鉄筋コンクリート造

基本となる鉄筋コンクリート連続布基礎は、網目状の鉄骨を二重に配置するダブル配筋。さらに通常の1.4倍もの強度を有するアンカーボルトで基礎と建物を緊結しており、地震への耐力を高めています。

■鉄筋コンクリート連続布基礎

鉄筋コンクリート連続布基礎のイメージ

国土交通大臣の認定を取得

LSP工法は、建築基準法の規定に基づき国土交通大臣の認定を取得した工法です。性能評価機関による構造方法等に関する厳しい基準をクリアしており、構造上の安全性が確認されています。
また認定の取得により構造計算にかかわる審査を簡略化できるため、建築確認申請期間の大幅な短縮が可能になっています。
(認定番号:TSTB-0196)

※3階建の一部プランは認定外となりますが、同等のシステムを使用して構成しています。

■構造計算書

構造計算書の例

遮音性能

レオパレス21の賃貸住宅は音の問題に配慮した「最新の工法」を取り入れています。

レオパレス21ノンサウンドシステム

耐火性能

1時間準耐火構造/耐火構造

鉄骨造の3階建は、1時間準耐火構造。準防火地域では、延床面積1,500㎡以下であれば建築が可能です。建築地が防火地域に指定されている場合には、耐火構造への仕様変更を承ります。また、鉄骨造の4階建は耐火構造。規制の厳しい防火地域でも建築が可能です。

■防炎性能試験

耐久性能

通気構法で壁体内結露を防止

外壁は多層構造ですが、透湿防水シートとサイディングの間に通気層を設けています。室内から透過した湿気は通気層を通って屋外に排出され、万一雨水などが浸入しても防水シートを伝って流れ落ちます。外壁の内部に湿気がこもらないため結露が発生しにくく、腐朽による躯体の劣化を防ぎます。

■外壁の構造

石膏ボード、強化石膏ボード、通気層、断熱材、柱、防水紙、ハット型ジョイナー、通気金具、サイディング、シーリング

■通気構法

夏は冷気効率がアップし、冬は冷気を防ぎ結露を防ぐ

「ミランダ」「クレイノ」を構築する基本スペック

3つの構造タイプ